タグ: 顔のたるみ

顔のたるみには美容皮膚科でのレーザーが効果大

頬やフェイスラインなど、顔のたるみが悩みという方も
多いのではないでしょうか。

顔の皮膚がたるんでしまうと、見た目の印象は
大きく老け込んでしまいます。

年齢を重ねても若々しい見た目をキープしたいなら、
自己流のケアだけにとどまらず、美容皮膚科で
アンチエイジング治療を受けましょう。

美容皮膚科では色々な、顔のたるみ治療が行われています。
その中でも特に効果絶大なのが、レーザー治療です。

顔のたるみが起こる原因は、コラーゲンやエラスチンの変形や、
生成量が低下する為です。

老ける

コラーゲンやエラスチンは肌にハリや弾力をもたらす
物質ですが、20代をピークに年々生成量が低下して
しまいます。

すると、肌のハリ・弾力が失われてしまい、皮膚が
たるんでしまうのです。

レーザー治療では熱を肌の奥にまで浸透させ、熱の
作用によってコラーゲンとエラスチンの生成量を
アップさせます。

コラーゲン・エラスチンが増加するので、自然に
若返り効果が得られるのがレーザー治療の魅力です。

治療

顔のたるみを美容皮膚科でリフトアップ!

顔のたるみは、肌の乾燥や生活習慣の悪化、紫外線の
浴びすぎが原因であれば、時間をかければ自力で改善
できないことはありませんが、加齢に伴って起こる
たるみは自力で対処するのが非常に難しいです。

そのため、中年にさしかかってから顔のたるみが
気になりだした人の中には、美容皮膚科でたるみを
解消させる人も少なくありません。

リフトアップ

美容皮膚科で受けられる顔のたるみの治療の中で、
最も効果が高いといえるのが顔のリフトアップ手術です。

美容皮膚科のリフトアップ手術は、大きく皮膚を
切開する術式と、皮膚に特殊な糸を通す術式に
分けることができ、前者についてはさらに、
皮膚の浅い部分の剥離・縫合・切除のみを行う方法、
表在性筋膜(SMAS)から引き上げる方法、骨膜部分を
剥離して顔の筋肉の可動域を広げる方法の3つに
分けることができます。

効果が高い

いずれの方法を選択しても、1回手術を受けて
成功すれば数年間は顔のたるみが解消された状態を
継続させることができます。