カテゴリー: 顔のたるみに効果的な治療法

顔のたるみを解消できる頼れるところ

顔のたるみに悩まされている女性は非常に多く、特に50歳を過ぎた方だと
解決策を模索されている方も少なくありません。

昨今では数多くの基礎化粧品が各社メーカーから販売されていて、
セルフケアを長年実行されている方もいることでしょう。

自分の力で問題を取り除ければいいのですが、それは非常に難しいものです。

どうしたら顔のたるみを解消できるのか、と頭を悩まされている方がいたら
プロに頼ることを考えてみましょう。

たるみの悩みを持つ女性

drsato02.com/shiwa/では、著名な美容家がプロ目線でみた
顔のたるみ問題にスポットを当てており、高品質な解決策を
伝授されています。

drsato02.com/shiwa/は2010年にオンライン上で開設されたサイトで、
さまざまな美容情報を提供されているのが特徴です。

国内はもちろん、海外の美容界でも活躍なさっている
プロが監修しているので、信ぴょう性の高い情報をゲットできます。

顔のたるみのコーナーでは医療機関を受診して解決をする方法から、
セルフケアによる対処法も知ることができます。

パソコンやスマートフォンでdrsato02.com/shiwa/にアクセスすることができ、
どなたでも利用できるところです。

更年期を過ぎたらケアを念入りに行おう!

なぜ更年期を過ぎると顔のたるみが発生するのか、
そのメカニズムを簡単に見ていきましょう。

これは年齢を重ねることによる肌の老化現象のひとつで、
筋力が大幅に低下をすることも要因と挙げられます。

肌の老化現象

女性の場合は35歳までは女性ホルモンの分泌が活性化をしています。
美容液などを使用しなくても肌全体に艶があると感じる方も多いでしょう。

この艶というのは皮下組織に筋肉が凝縮されていることで感じられるものです。

40歳を過ぎるとホルモンの分泌量は大幅に減少し、さらに更年期を迎えると
30代の時の約1/3にまで低下をします。

これにより筋肉の量も自然と減って、顔のたるみもあらわれるわけです。

肌の老化は誰もが経験をすることですが、これを軽減するには
日頃からセルフケアを念入りにおこなうことです。

セルフケアは難しいものではなく、毎日朝・晩の2回実施をするだけで
顔のたるみを大幅に軽減することが可能です。

その方法とは化粧水を用いて顔全体をマッサージするだけです。
化粧水は浸透力の高いものを使って、ヒアルロン酸が配合されているものがおすすめです。

皮下組織に水分を与えて潤いを補充すれば、顔のたるみを取り除けます。

顔のたるみは顔に老廃物が溜まっている可能性も

鏡を見ると、明らかに顔のたるみが生じていると思っていませんか。そう言う人はもしかしたら、顔の老廃物が溜まっているのかもしれません。

今ではステイホームが当たり前となり、あまり顔の表情がかわらなくなっている人が多いです。すると、顔の筋肉をあまり使わなくなりますし、血行もリンパの流れさえも滞ってしまいます。

そうすると、老廃物がずっとそこに留まり続けてしまいます。このようなことにならないようにして、むくみを避けるためにはリンパマッサージをして老廃物をどんどん体外へ排出しましょう。

リンパマッサージ

実際に、顔のあちこちを指の腹を使ってちょっと押してみてください。あまり力を入れる必要はありません。痛みを感じるところがあれば、そこに老廃物が溜まっている証拠です。

痛みを感じる場所が多い人は、きっと顔のたるみが気になっているのではありませんか。それだけ顔がむくんでいるのでしょう。

放置していても簡単に改善されるわけではありません。少しでも若返りたい、フェイスラインをシャープにしたいと思っているのならば、対策を講じるべきです。

原因がわかっていれば、それを改善することができる対策をすることで気になるむくみも解消します。

リンパマッサージをしてみよう

顔のたるみには、リンパマッサージをすることが効果的です。リンパ液を流すことで、溜まっている老廃物を体外へ排出できます。

すると、徐々に顔のたるみが改善されて若々しい顔を取り戻すことがきっとできるでしょう。

マッサージをする時は滑りを良くするためにクリームやオイルなどを使ってください。摩擦は肌に刺激となりますので、滑りやすくしておきましょう。

実は、いろいろな専門家がそれぞれリンパマッサージのやり方を教えてくれています。自分がやりやすい方法で構いません。

基本的には、上から下へ中央から外側へと流します。これが重要なポイントです。

額からこめかみに向かって、目元から目尻へ、小鼻の脇から耳の下までと言うような感じでマッサージしてみてください。

耳の下から鎖骨へとマッサージしてどんどんリンパ液を流します。

このようなマッサージを毎日続けていくことで、顔のたるみが解消されるはずです。顔に溜まっていた老廃物が体外へと排出されていき、すっきりとします。

小顔効果がある

これならスキンケアの際にもできますので、毎日コツコツと続けられるのではありませんか。

美しくなるためには毎日の丁寧なケアが重要なので、継続して行なってみてください。

顔のたるみやむくみの原因とは

男性は特にアルコールを摂取する機会が多く、外出先でも同僚との打ち上げや、仕事上の付き合いによる飲酒など、もし今日はどうしても飲みたくないなあという日でも、どうしても断り切れない事も多いのではないでしょうか。

また、仕事後の一杯はやはり最高においしいという方も少なくないでしょう。

お酒

そこで、一緒に油分の多いから揚げ等の揚げ物や、塩辛などの塩分の濃いものを食べてしまうと体が水分をため込んでしまい、次の日の顔だけではなく体全体がパンパンにむくみ太りをしていて、むくみの影響で顔のたるみもはっきりとわかるようになってしまいます。

むくみをほっておいてその状態が続いてしまうと、そのまま脂肪もため込む事になり、お酒を控えた日でもむくんでいるような悪循環な状態になってしまう事もあります。

顔のたるみがひどくなってきたと感じている方は、それも顔のむくみが続いたことで頬の肉が垂れてきてしまっている状態で、それによりたるみをひき起こしているのです。

このような悩みを解消するためには、なるべくむくみに気づいた早い段階で表情筋トレーニングなどでむくみを解消してあげて、むくんでいる状態を続けない事がとても大切です。

顔のたるみやむくみに効果的なトレーニングとは

顔のむくみやたるみの状態が長く続かないようにするためには、日々のちょっとしたトレーニングや心がけが大切です。

まずはアルコールと一緒に食べる食品はなるべく塩分や脂分が控えなものを摂取するようにし、カリウムなどの余計な塩分を排出するのに役立つ食品を多く取り入れるとよいでしょう。

たとえばホウレンソウのお浸しやかぼちゃの煮つけなどを塩分控えめの薄味で食べるようにすると、効果があります。

マッサージやツボ押しも効果的です。むくみを解消するツボを押す方法は、耳たぶの前にある頬車と呼ばれるポイントを抑えるとよいです。

顔のむくみの解消

また、リンパマッサージもおすすめです。鎖骨の中心から肩の方向に向けてさするマッサージにより、リンパの流れがよくなり余計な老廃物を押し流してくれる効果があります。

顔痩せにも効果的ですし、リンパの滞りが解消されることにより全体の血液循環がよくなり、顔のたるみの解消にもつながります。

ツボ押しやマッサージ以外にも、表情筋トレーニングにより顔のたるみを解消する方法もあります。

普通に生活しているとなかなか大きな口をあけて話したり、笑ったりすることは少ないと思うのですが、意識的に大きな口をあけて表情筋を動かします。

鏡の前などで顔を見ながらやると、筋肉の動きがよくわかり効果的です。

ソララクリニックの顔のたるみ治療は「切らない治療」を実現

顔のたるみはメスを使うことなく改善できます

頬にお肉が付いてきて顔がふっくらしてきたように感じる人も多いかと
思われますが、これは太って付いたものではなく、年齢を重ねたことで
生じる顔のたるみのケースも少なくありません。

しかし、なぜたるみが生じるのかといった疑問を持つ人も多いのでは
ないでしょうか。

これは加齢により、肌の弾力が失われて皮膚が重力により下がることを
意味するものです。

加齢

人の皮膚は3層構造と筋肉で構成されていて、肌がたるむ原因がそれぞれに
存在しています。

顔のたるみには、表皮・真表皮・皮下組織・筋層の4つの種類があり、
それぞれに特徴があります。

例えば、表皮の場合は主に水分保持や皮膚のバリア機能を保つ役割がある
わけですが、保水力が低下するとハリが失われて皮膚がたるんできます。

筋層は皮膚の中でも最も深い場所に位置する層、顔の表情筋は直接皮膚に
接している皮下脂肪を支えているのですが、加齢により筋力が低下して
しまい、筋力の弾性が衰えてしまうので皮膚が重力方向に下がる、たるみを
作り出してしまうなどそれぞれにメカニズムが異なります。

顔のたるみを改善するとき傷痕が気になるので切らない治療で行うのが
最適だと感じる人も多いかと思われますが、最近は切らない治療法が
数多く用意されています。

臍帯幹細胞サイトカインを使う方法もあります

化粧品で幹細胞の言葉を目にする機会が多くなっていると感じている人も
いるかと思われますが、幹細胞は自己複製能と分化能を持つ細胞組織の
総称で、体のあらゆる組織や臓器の一部になり、再生や修復を行う役割を
持ちます。

臍帯はへその緒のことを意味するものですが、臍帯には幹細胞が多く含まれ
ており胎児はお母さんの幹細胞を貰って細胞を成長していきます。

この細胞は、環境に応じて細胞の増殖や分化させるタンパク質を多く含んで
いるのですが、このタンパク質はサイトカインと呼び強力なエイジングケア
効果を発揮できるといわれています。

仙台市のソララクリニック(https://www.drsato02.com/shiwa/)は、色々なたるみ治療を行っているのですが
メスを使うことなく治療ができるので顔に痕が残るといった心配は無用です。

クリニックで治療

ソララクリニックにはレーザー光線を使ったフェイスリフトなどの顔の
たるみ治療もありますが、こちらのクリニックのたるみ治療の中でも
最新技術といわれているのがヒト臍帯幹細胞培養上清を用いたサイト
カイン療法で、肌に直接注入をする方法や点滴を使って薬剤を投与する
たるみ治療法です。

なお、薬剤浸透性の亢進する窒素プラズマ治療は、美白や美肌効果への期待
もできるといいます。

3次元RF照射によって痛みなく治療ができる最新のたるみ治療

皮膚を切らずにできるたるみの治療法

どんなに美しい肌を持っていても、やはり年齢を重ねていけば
誰でも肌のトラブルは起きてしまうもので、これをなんとか解消
しようと努力しているのが実状ではないでしょうか。

アンチエイジングという言葉もこの現代ではかなり浸透して
いますが、実際にはシワやたるみなどで悩まされる人はまだまだ多いです。

こうしたシワやたるみは実年齢よりも上に見られてしまうこともあり、
本気で改善しようとする人は美容外科などで施術を受けるわけですが、
この施術にもさまざまなものがあります。

老け顔

たるみ治療というものは、従来からの施術だと皮膚を切って行われる
ものが主流でしたが、最近ではプチ整形なども人気になり、切らずに
たるみを改善させる施術が出てきました。

フェイス部分にメスを入れることはやはり不安です。
術後に傷跡が残ってしまうのではないだろうかという心配は拭い
きれません。

そうしたことからこの切らずにできるたるみ治療はたくさんの人から
注目を集めることになったのです。

メスを使わずにフェイスリフトが期待できる

切らずにできるたるみ治療というものにはいくつか種類がありますが、
最近特に話題になっているのが3次元RF照射という治療方法でしょう。

この治療方法は高周波を用いたもので、RFエネルギーによって
皮下のコラーゲンや皮下組織を引き締めて皮膚のたるみの解消します。

その効果の即効性と長期に渡る持続性は従来では見られな
かったものです。

この3次元RF照射の治療方法で得られるメリットは、やはりなんと
言ってもメスを使わずに切らないフェイスリフトが可能であると
いうことになります。

皮膚を切らずにリフトアップ手術と同等の効果を得ることができるのです。

実感する

こうした施術にはどうしても術後のダウンタイムというものがありますが、
3次元RF照射による施術ではダウンタイムがほとんどありません。

また、施術最中には痛みも最小限に緩和することができます。
施術時間もかからないことからこの施術を希望する人も増えているのです。

美容皮膚科のたるみ治療は即効性がある

年齢を重ねた女性たちを悩ませる肌のたるみ、どんなに
美しい顔立ちをしている人も、肌がたるんでしまって
いるだけで、顔からシャープさは消え、見た目年齢も
一気に引き上げてしまい、生活に疲れた老けた印象を
与えてしまいます。

たるみ

女性としての魅力を取り戻したいと、高価な美容液を
購入したり、エステサロンでマッサージを受けたり、
サプリメントを服用したりと、様々な努力をされている
女性も多いですが、そういったケアでは満足のいく
効果は出ません。

確実に肌をリフトアップさせたいなら、美容皮膚科での
たるみ治療が最適です。

美容皮膚科

美容皮膚科では、マシンや医薬品の注入などで
肌のたるみを引き上げていくので、即効性があり、
すぐに綺麗になりたいという女性心を満足させて
くれます。

たるみ治療にはいろいろなものがあるので、美容皮膚科医の
診察を受け、自分に合ったベストな治療法を見極めて
もらいましょう。

美容皮膚科でのたるみ治療は、メスを使わないというのが
最大の利点で、切らないため、出血や痛み、腫れなどを
回避できるので、術後のダウンタイムがほとんど必要あり
ません。

綺麗になりたくても、手術後外出できないような顔に
なるのは嫌だ、という女性も多いですが、美容皮膚科での
たるみ治療なら、術後すぐにメイクをすることも可能で、
家族にさえばれてしまう心配はありません。

治療も一度だけで済むものもあり、通院の必要もなく、
半年から数年効果が持続できるものも多いので、
自然な若返りが期待できます。

顔のたるみには美容皮膚科でのレーザーが効果大

頬やフェイスラインなど、顔のたるみが悩みという方も
多いのではないでしょうか。

顔の皮膚がたるんでしまうと、見た目の印象は
大きく老け込んでしまいます。

年齢を重ねても若々しい見た目をキープしたいなら、
自己流のケアだけにとどまらず、美容皮膚科で
アンチエイジング治療を受けましょう。

美容皮膚科では色々な、顔のたるみ治療が行われています。
その中でも特に効果絶大なのが、レーザー治療です。

顔のたるみが起こる原因は、コラーゲンやエラスチンの変形や、
生成量が低下する為です。

老ける

コラーゲンやエラスチンは肌にハリや弾力をもたらす
物質ですが、20代をピークに年々生成量が低下して
しまいます。

すると、肌のハリ・弾力が失われてしまい、皮膚が
たるんでしまうのです。

レーザー治療では熱を肌の奥にまで浸透させ、熱の
作用によってコラーゲンとエラスチンの生成量を
アップさせます。

コラーゲン・エラスチンが増加するので、自然に
若返り効果が得られるのがレーザー治療の魅力です。

治療

たるみ治療に効果的なサーマクールとカウンセリングの必要性

若い頃には全く感じなかった肌の緩み、年齢を重ねるに
つれて、どうしても肌のハリは失われていき、ほうれい線が
目立ち始めたり、目元や口元がたるみ、フェイスラインの
シャープさが欠け始めてしまいます。

こうなると、顔全体の印象がぐっと老化して見えてしまうので、
若々しく見せるには肌を引き上げる必要があります。

老化

コスメやマッサージではそれほどの効果は期待できないので、
美容皮膚科で医師が行うたるみ治療を受けましょう。

中でもサーマクールは、今、最も注目されているたるみ治療で、
メスを使わずにマシンで肌を引き上げるので、ダウンタイムが
ほとんどないというメリットがあります。

医師に相談

サーマクールは高周波を使ったマシンで、肌の奥深くにある
真皮層近くの組織に、熱エネルギーを与えることにより、
肌を若いころのように活性化させリフトアップ効果を図ります。

しかし、自分が理想とする仕上がりを手に入れたいなら、
事前のカウンセリングはしっかりと行い、医師に詳細にわたるまで
希望を伝えることが大切です。

顔のたるみを美容皮膚科でリフトアップ!

顔のたるみは、肌の乾燥や生活習慣の悪化、紫外線の
浴びすぎが原因であれば、時間をかければ自力で改善
できないことはありませんが、加齢に伴って起こる
たるみは自力で対処するのが非常に難しいです。

そのため、中年にさしかかってから顔のたるみが
気になりだした人の中には、美容皮膚科でたるみを
解消させる人も少なくありません。

リフトアップ

美容皮膚科で受けられる顔のたるみの治療の中で、
最も効果が高いといえるのが顔のリフトアップ手術です。

美容皮膚科のリフトアップ手術は、大きく皮膚を
切開する術式と、皮膚に特殊な糸を通す術式に
分けることができ、前者についてはさらに、
皮膚の浅い部分の剥離・縫合・切除のみを行う方法、
表在性筋膜(SMAS)から引き上げる方法、骨膜部分を
剥離して顔の筋肉の可動域を広げる方法の3つに
分けることができます。

効果が高い

いずれの方法を選択しても、1回手術を受けて
成功すれば数年間は顔のたるみが解消された状態を
継続させることができます。

たるみ治療法サーマクールの施術前にやるべきこと

サーマクールは、気になる部分に高周波を当てるだけで
切らずにできるたるみ治療です。

ハリや弾力をもたらすコラーゲン繊維をあえて傷付ける
ことで、その傷の創傷過程で普段よりも多くの細胞分裂が
行われることを利用した方法です。

施術は照射が中心となりますが、もちろんその前に
準備が必要です。

クレンジングで落とす

メイクはクレンジングでしっかり落とし、照射ポイントを
マーキングするのです。

これによって過剰照射を防ぎ、顔を立体的にとらえる
ことができます。

最新のマシンでは麻酔はいらないですが、そうでない場合や
痛みに弱い場合は麻酔を使い、施術中の痛みを軽減します。

それから施術前に必ず行うのがテスト照射です。

問題があっては大変ですし、一人一人肌は異なるので、
その人に合った強さなどに調整するためです。

メイクができる

それから本番の照射となります。
終わったらダウンタイムはないので、そのままメイクを
して帰宅できます。

サーマクールはダウンタイムがないのも大きな魅力なのです。