美容目的

サーマクールは美容目的で行われます。

健康保険が使えるのは病気やケガの治療の時と定義されて
いるので、サーマクールを用いたたるみ治療は美しくなる
ために行われる審美目的とされ、もちろん適用されません。

サーマクールで顔全体のたるみ治療をするとなると
60万円ほどかかるようです。

もちろん上記のように自由診療なのでクリニックに
よって上下しますが、これくらいはかかります。

費用

一度に60万円用意するのが難しいなら分割払いなども
選択できるので、お金が問題なら支払方法について
相談してみるといいでしょう。

ただここで注意したいのがサーマクールの効果は
期間限定である点です。

具体的には効果は半年から1年と言われています。
これを持続したいなら毎年施術を受けることになり、
同じ費用がかかってしまうわけです。

とりあえず1年だけリフトアップしたいならいいですが、
その状態をずっと維持したいなら、メンテナンスに
費用がかかることは知っておきましょう。

手術しないで肌のたるみを治療したい!注目のサーマクール

「メスを使わずにリフトアップできる」として話題のサーマクールですが、ではそのメカニズムの基になっているのは何かというと、RF波と呼ばれる高周波エネルギーです。

RF波が照射されると肌の深層に振動を引き起こし、それが熱エネルギーへと変換されます。
この熱は、肌にごく軽いダメージを与えます。
すると真皮層にある繊維芽細胞がその熱ダメージを解消すべく、活動を盛んにします。
この仕組みを創傷治癒といいます。

これは、火傷跡にフレッシュな細胞が生まれて治っていくのと同じメカニズムです。

熱による刺激を受けた繊維芽細胞はコラーゲンをたくさん生成し、ダメージからの修復を図ります。
さらに、その活動を助けるために血流が盛んになり、栄養が補給されます。

こうしてお肌がリフレッシュされ、うるおいや弾力が取り戻されることで、たるみの改善へと導かれるのです。

サーマクールは1992年にアメリカで生み出され、その後、わが国をはじめとする多くの国に普及しました。
その後も技術革新は続き、効果をさらに高める照射法などが開発されています。

また、初期の技術では照射時に痛みが生じることがありましたが、これを抑えるための改善もなされており、現在では麻酔なしでの施術も可能になっています。