たるみ治療法サーマクールの施術前にやるべきこと

サーマクールは、気になる部分に高周波を当てるだけで切らずにできるたるみ治療です。

ハリや弾力をもたらすコラーゲン繊維をあえて傷付けることで、
その傷の創傷過程で普段よりも多くの細胞分裂が行われることを利用した方法です。

施術は照射が中心となりますが、もちろんその前に準備が必要です。
メイクはクレンジングでしっかり落とし、照射ポイントをマーキングするのです。

これによって過剰照射を防ぎ、顔を立体的にとらえることができます。
最新のマシンでは麻酔はいらないですが、そうでない場合や
痛みに弱い場合は麻酔を使い、施術中の痛みを軽減します。

それから施術前に必ず行うのがテスト照射です。
問題があっては大変ですし、一人一人肌は異なるので、その人に合った
強さなどに調整するためです。

それから本番の照射となります。終わったらダウンタイムはないので、
そのままメイクをして帰宅できます。

サーマクールはダウンタイムがないのも大きな魅力なのです。

顔のたるみを美容皮膚科でリフトアップ!

顔のたるみは、肌の乾燥や生活習慣の悪化、紫外線の浴びすぎが原因であれば、
時間をかければ自力で改善できないことはありませんが、加齢に伴って起こるたるみは
自力で対処するのが非常に難しいです。

そのため、中年にさしかかってから顔のたるみが気になりだした人の中には、
美容皮膚科でたるみを解消させる人も少なくありません。

美容皮膚科で受けられる顔のたるみの治療の中で、最も効果が高いといえるのが
顔のリフトアップ手術です。

美容皮膚科のリフトアップ手術は、大きく皮膚を切開する術式と、
皮膚に特殊な糸を通す術式に分けることができ、前者についてはさらに、
皮膚の浅い部分の剥離・縫合・切除のみを行う方法、表在性筋膜(SMAS)から
引き上げる方法、骨膜部分を剥離して顔の筋肉の可動域を広げる方法の
3つに分けることができます。

いずれの方法を選択しても、1回手術を受けて成功すれば、数年間は
顔のたるみが解消された状態を継続させることができます。

たるみ治療に効果的なサーマクールとカウンセリングの必要性

若い頃には全く感じなかった肌の緩み、年齢を重ねるにつれて、
どうしても肌のハリは失われていき、ほうれい線が目立ち始めたり、
目元や口元がたるみ、フェイスラインのシャープさが欠け始めてしまいます。

こうなると、顔全体の印象がぐっと老化して見えてしまうので、
若々しく見せるには肌を引き上げる必要があります。

コスメやマッサージではそれほどの効果は期待できないので、
美容皮膚科で医師が行うたるみ治療を受けましょう。

中でもサーマクールは、今、最も注目されているたるみ治療で、
メスを使わずにマシンで肌を引き上げるので、ダウンタイムが
ほとんどないというメリットがあります。

サーマクールは高周波を使ったマシンで、肌の奥深くにある
真皮層近くの組織に、熱エネルギーを与えることにより、
肌を若いころのように活性化させリフトアップ効果を図ります。

しかし、自分が理想とする仕上がりを手に入れたいなら、
事前のカウンセリングはしっかりと行い、医師に詳細にわたるまで
希望を伝えることが大切です。

顔のたるみには美容皮膚科でのレーザーが効果大

頬やフェイスラインなど、顔のたるみが悩みという方も、多いのではないでしょうか。
顔の皮膚がたるんでしまうと、見た目の印象は大きく老け込んでしまいます。

年齢を重ねても若々しい見た目をキープしたいなら、自己流のケアだけにとどまらず、
美容皮膚科でアンチエイジング治療を受けましょう。

美容皮膚科では色々な、顔のたるみ治療が行われています。
その中でも特に効果絶大なのが、レーザー治療です。

顔のたるみが起こる原因は、コラーゲンやエラスチンの変形や、
生成量が低下する為です。

コラーゲンやエラスチンは肌にハリや弾力をもたらす物質ですが、
20代をピークに年々生成量が低下してしまいます。

すると、肌のハリ・弾力が失われてしまい、皮膚がたるんでしまうのです。
レーザー治療では熱を肌の奥にまで浸透させ、熱の作用によって
コラーゲンとエラスチンの生成量をアップさせます。

コラーゲン・エラスチンが増加するので、自然に若返り効果が得られるのが
レーザー治療の魅力です。